スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎駿監督がアニー賞監督賞候補に

米アニメ界のアカデミー賞といわれる第37回アニー賞のノミネートが12月1日に発表され、ウォルト・ディズニーの配給で今夏に全米公開された「崖の上のポニョ」から、宮崎駿監督が監督賞、音楽の久石譲が音楽賞にそれぞれノミネートされた。宮崎監督はこれまでに、米アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した「千と千尋の神隠し」でも、アニー賞の長編アニメーション賞、監督賞などを受賞している。

長編アニメーション賞には、「くもりときどきミートボール」「コララインとボタンの魔女 3D」「ファンタスティック・ミスター・フォックス(原題)」「プリンセスと魔法のキス」「The Secret of Kells」「カールじいさんの空飛ぶ家」の6作品がノミネート。このうち「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セメック監督による「コララインとボタンの魔女」が長編アニメ、監督、音楽など8部門で合計10ノミネートを受けて最多。ピクサー・アニメーション・スタジオの「カールじいさんの空飛ぶ家」が長編アニメ、監督、音楽、脚本など8部門で合計9ノミネートを受けて追随。また、日本関連の作品では、手塚治虫の「鉄腕アトム」をCGアニメ化した「ATOM」がストーリーボードと脚本の2部門でノミネートを受けている。

昨年度は、本命と言われたピクサーの「ウォーリー」を破り、ドリームワークス・アニメの「カンフー・パンダ」が長編アニメーション賞ほか11部門を制覇。今年のドリームワークス作品「モンスターVSエイリアン」は技術部門で4つのノミネートを受けるにとどまった。

第37回アニー賞の授賞式は2010年2月6日にロサンゼルスで開催される。

【作品情報】
・崖の上のポニョ

【関連記事】
・eiga.com映画ニュース 榮倉奈々「コララインとボタンの魔女」で声優初挑戦!
・eiga.com映画ニュース 「ポニョ」がアカデミー賞長編アニメ部門ノミネート候補に
・eiga.com映画ニュース 「ヱヴァ」は資格なし、では「ポニョ」は?来年のアカデミー賞アニメ部門
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。